Posted by at

2013年03月22日

赤ん坊とコミュニケーションをとるのに最適なスポーツ

ベビースイミングなるものは、親子揃ってプールで行うレッスンになるため、

親はプールが苦手だと問題だと思ってしまいがちですが、実はそれは関係ありません。



親が子供を連れて水着と帽子を身に着けてプール内に入り、

親と子が一緒に体を使い、親子関係を密にすることが

ベビースイミングを習うにあたっての大切な要素です。



スイミングスクールには親子共々水中に潜る指導を行っているところもあるのですが、泳ぐのを習うのは子供がもう少し発育して個人でプールに入れるようになる幼児期から着手する形になります。



ですので、保護者が泳ぐことは全くありませんし、万一赤ちゃんが溺れてしまっても、

講師がすぐさま救助に向かいますので、

余計な心配をすることなくベビースイミングを習うことが実現できます。





そして、母親がレッスンに参加するケースだと、
ベビースイミングを習うのに水着を着なければいけないことに難色を示すことも考えられます。




ところが昨今は、アクアビクスや水中歩行時によく着用されている、
肌の露出度が低い短パン型の水着も取り扱われていますから、
このような種類の水着を買い求めると良いでしょう。



ベビースイミングの受講では、子供と共に水の中に入るのは多くは母親です。


でも、場合によっては父親が参加できるスクールというのもあるため、
父親もベビースイミングをエンジョイすることが可能です。




通常は子供と共に水の中に入るのは母親か父親の片方になりますので、父親にするのか母親にするのかは事前に相談しておいて、親子揃ってエンジョイしましょう。


ベビースイミングと呼ばれるものは、親子の最上のコミュニケーションツールと認識しても良いでしょう。

  
タグ :ベビー母親


Posted by うとがりん at 20:50Comments(0)